第1弾合同会社型DAO一覧を公開!当協会で重点的なネガティブチェックを実施

第1弾合同会社型DAOホームページ掲載開始

2024年4月22日に合同会社型DAOによる資金調達に関する府令改正が施行されました。

日本DAO協会では、4月15日より「第1弾 合同会社型DAO」として当協会のホームページに掲載するDAOを募集し、ネガティブチェックを実施しました。

今回、当協会におけるネガティブチェックで懸念点を洗い出し、当協会の協会員による評議会投票を経て、ホームページ掲載が認められたDAO(準備中も含む)を掲載いたします。

※今回の結果は、当協会が中長期的に実現するDAOの品質と安全性を評価する認証とは異なり、重点的なネガティブチェックリストを満たしたDAOを紹介するものです。

※第1弾 合同会社型DAOとして紹介されているDAOは、当協会がチェックを行った第1弾として掲載したものであり、合同会社型DAOとしての設立が日本初であることを意味するものではありません。

第1弾合同会社型DAO

投票の結果、合同会社型DAOとしてホームページに掲載することが承認されたDAOを掲載いたします。

概要:

生成AIを主とした研究・開発・活動コミュニティー

サイトURL:

https://aihub.co.jp/

概要:

落合陽一サマースクールの同窓生が生涯に渡って寄り添い合う互助的なDAO。生徒として参加したり、参加した生徒が先生となって戻ってきたり、海外の大学の推薦書を書いてもらったりなど体験や経験、交流や推薦書など非金銭的なものをインセンティブに活動したくなるDAOとなっている。

サイトURL:

https://tableunstable.org/

概要:

障がい者、子供、学生を支援する社会貢献団体の支援・空き家対策

サイトURL:

https://bacwith.jp

概要:

地域のために共助共創のコミュニティを作るためのアプリ制作とそれに伴う、共助共創コミュニティを作るお手伝いをするためのDAO。

サイトURL:

https://kyosodao.io/

概要:

空き家活用に特化した共創型シェアハウスDAO。

サイトURL:
https://roopt.jp/sharehouse/about_kagurazaka/

概要:

動物、人、自然の健康の調和の取れた世界の実現の為、資本主義にはない、新たな指標をトークンを用い可視化し、加えてそのトークンの流通を通した独自のエコシステム構築を目指すプロジェクト。

サイトURL:

https://greenshapers.jp/

※ 審査が完了したDAOを追記いたしました(2024/4/27)
※ 一度準備中のDAOとして掲載されたDAOの再審査を行い掲載に至ったDAOを追記いたしました(2024/5/23)

当協会における審査時に指摘された懸念点

トレジャリー管理における懸念

  • 一般企業と同じ担当者による銀行口座管理を行う。一定の引き出しリスクが残る(Bright Any Colors(BAC)、Table UnstableDAO、共創DAO、animaDAO)

ガバナンスの健全性の懸念

  • 貢献により投票権を持つ社員へ昇格するため昇格者が一定数出ないと健全な状態にならない懸念あり(AiHUB Community)
  • 初期は少数の業務執行社員しかいないため、社員が集まるまでガバナンスの健全性に懸念がある状態が続く。社員が集まってしまえば懸念はなくなる(全DAO)

第1弾合同会社型DAOの審査概要

受付期間:
2024年4月16日(火)~4月18日(木)

対象:
Cap付き合同会社型DAO

審査の基準:
Cap付き合同会社型DAOにおける懸念点をクリアしていること
・定款や規程における懸念
・トレジャリーの運用における資金流出の懸念
・合同会社型DAOのルールからの逸脱した収益分配の懸念

審査の流れ:
①フォームより申込を受け付ける
②Discordのボイスチャットにて公開ヒアリングを実施
③申請内容、ヒアリングにおける懸念点をDiscord内で共有
④以下の3つの選択肢で協会員による秘密投票を実施
「賛成」→ 合同会社型DAOとして掲載を承認

「反対」→ 掲載を承認しない

「棄権」→ 現在はまだ承認できないが、承認できる「見込み」としての掲載を承認
⑤「賛成」の得票数が過半数を超えたDAOを「第1弾合同会社型DAO」として掲載

ネガティブチェックリスト

  • 定款の確認
    • 定款テンプレートとの差分の確認。重要なポイントを変更していないこと
      ※定款テンプレートとの差分があまりに大きい場合承認できないことがある
  • トレジャリー管理の確認
    • トレジャリーの資金流出対策が適切にされていること
      単一人物のみで管理するなど、盗難難易度の低い状態になっていないこと
  • 合同会社型DAOのルール遵守の確認
    • 収益分配の設計の確認
      社員に対して持ち分以上の金額が分配されない仕組みになっていること
    • 非業務執行社員の権限の確認
      非業務執行社員から資金を調達する場合、その用途の意思決定権を持っていること
    • トークンホルダーに対する意思決定権の確認
      各トークン保有者は、保有トークンの設計変更に対して意思決定権を持っていること